Food

至福の朝を演出「メゾン・エリック・カイザー」土日限定パンビュッフェ

更新日:

至福の朝、メゾンエリックカイザー、土日限定、パン、ビュッフェ
今日ご紹介するお店はトンローにある「Eric Kayser(エリック・カイザー)」です。
場所はBTSトンロー駅3番出口の階段を降りて、トンロー通りの右側を約10分程歩きます。
ちょうどカーブになった辺りで、ソイ3とソイ5の間の道路に面した場所にあります。
至福の朝、メゾンエリックカイザー、土日限定、パン、ビュッフェ
一見見落としてしまいそうになるので、オレンジ色のパラソルを目印に歩くといいと思います。
至福の朝、メゾンエリックカイザー、土日限定、パン、ビュッフェ
メゾン・カイザーの名前が世界に広がることになったきっかけは、

パリのフィガロ紙で”パリでNo. 1のクロワッサン”と評されたからなんだとか。

至福の朝、メゾンエリックカイザー、土日限定、パン、ビュッフェ
ホームページによると、エリック・カイザー氏は、

15歳でパン職人の資格を取得。数々のパンコンテストで優勝。
フランス国立製パン学校でも、10年間にわたって指導。
カイザー氏の作るバゲットはヨーロッパNo1の評価があり、多くのホテル・レストランを顧客に持っている

と、紹介されています。
現在は「エリック・カイザー」の商標を持っているパン屋さんが、ニューヨークや東京など130店舗以上店舗を構え、世界的に有名なブーランジェなのです。
バンコク市内には他にも改装を終えたばかりのゲイソンの1階にもオープンしていました。
至福の朝、メゾンエリックカイザー、土日限定、パン、ビュッフェ
タイはパンが異様に甘くてふわふわしているところがナンセンス。
それでも昔のパンよりは少しは良くなってきていますが、ショートニングや人工甘味料を使っているので、子どものおやつとして与えるのも気が引けます。
しかし、最近バンコクにもようやくハード系の美味しいパン屋さんが増えてきてきました。
「ポール」を始め、「ドミニク」「ジャンフィリップ」など本場フランスの実力派のブーランジェが店舗を増やしてきています。
至福の朝、メゾンエリックカイザー、土日限定、パン、ビュッフェ
その中でも「エリック・カイザー」の土日限定(9:30~14:30)のパンビュッフェは人気があります。
至福の朝、メゾンエリックカイザー、土日限定、パン、ビュッフェ
至福の朝、メゾンエリックカイザー、土日限定、パン、ビュッフェ
390バーツでメインのプレートとスープ、ドリンクが付いています。
至福の朝、メゾンエリックカイザー、土日限定、パン、ビュッフェ
チキンブランチ
至福の朝、メゾンエリックカイザー、土日限定、パン、ビュッフェ
サーモンブランチ
至福の朝、メゾンエリックカイザー、土日限定、パン、ビュッフェ
どちらもバルサミコとポテト、ラディッシュ、ミニトマト、クラッシュピスタチオがパレットのように色鮮やかにのっています。
サーモンにかかった緑色のソースが気になりましたが、味は普通に美味しかったです。
他にもトムヤムクンや黒豚、ダックといった幅広い食材をつかったお料理が選べます。
至福の朝、メゾンエリックカイザー、土日限定、パン、ビュッフェ
本日のスープはブラウンマッシュルームスープで、ドリンクはホットコーヒーを選びました。
スープは小麦の味がダイナミックに感じられるシンプルなブールとよく合います。
至福の朝、メゾンエリックカイザー、土日限定、パン、ビュッフェ
パンだけではなく、サラダも食べ放題です。
天然酵母と食材にこだわったパンは、小さなお子さまにも安心して与えることができます。
パンの種類は主にバケットとデニッシュペストリーがメイン。
至福の朝、メゾンエリックカイザー、土日限定、パン、ビュッフェ
アップルパイ、クイニーアマン、ガーリックトースト、オリーブ入りブレッド、ベーコンとほうれん草などなど。
中でもリッチなバターが特徴のパン・オ・ショコラなどは外せません。
写真はありませんが、デザートはパリの本店でもお馴染みのレモンタルトとコーヒータルトも並んでいます。
至福の朝、メゾンエリックカイザー、土日限定、パン、ビュッフェ
フルーツはメロン、パイナップル、スイカ、ドラゴンフルーツの4種。
至福の朝、メゾンエリックカイザー、土日限定、パン、ビュッフェ
店内はこんな感じ。
お手洗いは2階にあります。
店舗概要
住所 :103 Soi Sukhumvit 55 (Thonglor) Between Thonglor 3 & 5, Klongton Nua, Wattana, Bangkok 10110
TEL :02-712-9070
営業時間 :7:30~22:00(土日限定のブッフェは9:30~14:30)
定休日 :なし
フェイスブック : MaisonEricKayser
至福の朝、メゾンエリックカイザー、土日限定、パン、ビュッフェ
アクセス :BTSトンロー駅3番出口より徒歩約10分、トンロー・ソイ3と5の間

あとがき

トンローという場所柄もあり、この日はお客さんの半分以上が日本人で、特に小さなお子さま連れが多かったです。
ベビーチェアは2台ありますが、子供用の食器などはありません。
子どもが多いせいもあって店内はとても賑やかで明るいムードでした。
テラス席もありますが、トンロー通りは交通量が多いのであまりおすすめできません。

-Food
-, ,

Copyright© visiomire.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.