旅行・お出かけ

スリランカを10日間かけて、バックパックで巡る旅「安宿まとめ」

更新日:

10日間でスリランカを巡る旅、安宿、まとめ

スポンサーリンク

ユネスコによって採択された、世界の文化遺産および自然遺産が残り、人もとってもおおらかな国「スリランカ」。

10日間かけて2人で各地を巡り、そこでお世話になったスリランカの宿をご紹介します。

二コンボ

New Rani Inn/ニューラニイン
一泊ダブル1000ルピー
水シャワー、朝食付き

10日間でスリランカを巡る旅、安宿、まとめ
「地球の歩き方スリランカ」にも載っているホテルで、日本人の利用者も多いです。
バンダーラナーヤカ国際空港からはかなり距離がありますが、道路を渡って500メートルくらいでビーチにでます。

10日間でスリランカを巡る旅、安宿、まとめ
外観は古いですが、アンティーク調の室内で、部屋の中はそこそこ清潔です。

10日間でスリランカを巡る旅、安宿、まとめ
壁が薄いのか早朝から物音とカラスの鳴き声がうるさくて目が覚めてしまいました。

ダンブッラ

Gamagedara Resort/ガマゲダラ リゾート
一泊ダブル2500ルピー
水シャワー、フリーWiFi

10日間でスリランカを巡る旅、安宿、まとめ
通りからかなり中に入ったホテルで、部屋は湿気が酷くカビ臭いです。

10日間でスリランカを巡る旅、安宿、まとめ
アクセスもよくないので、あまりお勧めできません。

10日間でスリランカを巡る旅、安宿、まとめ
ホテルには番犬がいて、慣れると人なつこくついてきます。

キャンディ

AMBIS INN/アンビスイン
一泊ダブル3000ルピー
ホットシャワー、フリーWiFi

10日間でスリランカを巡る旅、安宿、まとめ10日間でスリランカを巡る旅、安宿、まとめ
年末ということと、聖地で環境客が多いため選べる宿がなく、スリーウィーラーに紹介されたホテルで、部屋は狭くやはりここも湿気を感じました。

マータラ 

FORT LODGE/フォートロッジ
一泊ダブル1500ルピー
水シャワー

10日間でスリランカを巡る旅、安宿、まとめ
バスターミナルからか民家の方にかなり歩いた所に、ひっそりと佇むホテルです。

10日間でスリランカを巡る旅、安宿、まとめ
海も近くとても静かで、波の音と、鳥のさえずりしかきこえないいい場所でした。

10日間でスリランカを巡る旅、安宿、まとめ
室内はあまりきれではありませんが、人柄のいいおじいさんが1人で切り盛りしていて、のどかな雰囲気でした。

タンガッラ

(名前不明)
一泊ダブル1000ルピー
水シャワー、フリーWiFi

10日間でスリランカを巡る旅、安宿、まとめ
12月31日はどこもホテルがいっぱいで、仕方なく泊まったホテル。
部屋数はたったの3室のみで、宿泊者はみなスリランカ人でした。

10日間でスリランカを巡る旅、安宿、まとめ
アクセスはよく、街と海のちょうど中間で移動しやすかったです。

ヴェリガマ

Surf bay Resort/サーフバイリゾート
一泊ダブル3000ルピー
ホットシャワー、フリーWiFi、朝食付き

10日間でスリランカを巡る旅、安宿、まとめ
ビーチからも街からも1キロくらい離れた場所ですが、アンティークな洋館をホテルに改装しているので、とても落ち着いた雰囲気があります。

10日間でスリランカを巡る旅、安宿、まとめ10日間でスリランカを巡る旅、安宿、まとめ
たまたま新設された部屋で蚊帳もバスルームもとてもきれいでした。

ゴール

Frang-Pan/フラングパン
一泊ダブル3000ルピー
ホットシャワー、フリーWiFi

10日間でスリランカを巡る旅、安宿、まとめ
部屋数がかなりあり、欧米人が好きそうな雰囲気のホテルです。

10日間でスリランカを巡る旅、安宿、まとめ
10日間でスリランカを巡る旅、安宿、まとめ
部屋は広く、清潔でまた泊まりたいと思うホテルです。

10日間でスリランカを巡る旅、安宿、まとめ
ゴールのフォート内にあり、お洒落なバーやブティックが並んでいます。

スリランカの年末は西部以外雨季にあたりますが、年末シーズンはホテル側はかなり強気に値段を言ってきます。

連泊しないと値段交渉は難しいです。
10日間でスリランカを巡る旅、安宿、まとめ

またホテルの周りに食べることをがない場合は早めに、ディナーとブレックファーストを予約しておくとよいでしょう。

最後に

スリランカを観光するにあたって、車をチャーターするかツアーに申込む人が多いですが、時間があったらのんびりと列車やバスをを乗り継いで、アットホームな宿に泊まるのもなかなか良いものです。
好奇心旺盛なスリランカ人は、皆興味津々で色々話したがります。
お世話になった宿は最後別れるのが惜しみなく、きっとまたこの地に戻ってきたくなるはずです。

-旅行・お出かけ
-

Copyright© VISIOMIRE.com , 2018 AllRights Reserved.