VISIOMIRE(ヴィジョミア)夢を追うー 世界を旅して得たさまざまな感覚と真実を綴ったトラベルブログです。 2014年にバンコクに移住し、2016年に第一子を出産しました。これからもカメラを片手に、愛する家族と世界中を旅し続けます。

フード

女子会、子連れランチにも使えるビストロ&ロティサリー「ラ・ココリコ」

更新日:

女子会、子連れランチ、ビストロ&ロティサリー、ラ・ココリコ

今日ご紹介するお店は、スクンビットの「Bistro&Rotisserie LA COCORICO(ビストロ&ロティサリー ラ・ココリコ)」です。

女子会、子連れランチ、ビストロ&ロティサリー、ラ・ココリコ

「LA COCORICO(ラ・ココリコ)」は都内を中心に、日本で8店舗を展開するお店で、バンコクに上陸したと日本人の間で話題になっています。

スクンビットsoi33のUBCビル地下1階に昨年オープンし、隣は居酒屋「鳥波多」がはいっています。

スポンサーリンク

気軽なブラッセリーを思わせる店内では、本格的な料理とワインや自家製のサングリアが楽しめる洋風居酒屋です。

女子会、子連れランチ、ビストロ&ロティサリー、ラ・ココリコ

日本のフレンチの名店で腕を磨いたシェフが作る料理は、具沢山のキッシュや、渡り蟹のビスクなど40種以上。

夜は曜日限定の”時間無制限ワイン飲み放題”もやっていて、女子に人気があるんだとか。

ランチはお得なセットメニュー、の他アラカルトも豊富に揃います。

女子会、子連れランチ、ビストロ&ロティサリー、ラ・ココリコ

お店の名物のロティサリーチキンは大山鶏が使われ、朝しめたものを専用オーブンで焼いています。

■ロティサリーチキン(ハーフ/230バーツ)
女子会、子連れランチ、ビストロ&ロティサリー、ラ・ココリコ
長時間回転しながら低温で炙り焼かれた名物のロティサリーチキンは、皮がパリッと身はジューシーで絶品です。

女子会、子連れランチ、ビストロ&ロティサリー、ラ・ココリコ
バターライスの他には、レモンとスパイスが添えてあり、お好みでつけて食べるとお肉の旨味を引き出してくれます。
(ロティサリーチキンの注文は、22:00まで)

■クリームソース生ハムピザ(230バーツ)
女子会、子連れランチ、ビストロ&ロティサリー、ラ・ココリコ
普通ピザといえば、ベースはトマトソースとチーズですが、ここではたっぷりのクリームソースが敷かれ、その上にカリカリになった生ハムチップがのっています。

個人的な意見ですが、やはり生ハムは火を通さないで食べたいし、ピザにはチーズが一番合うと思います。

女子会、子連れランチ、ビストロ&ロティサリー、ラ・ココリコ

その他前菜には自家製焼き立てキッシュや、バルサミコ酢のオリジナルドレッシングがかかったサラダの盛り合わせがでてきます。

女子会、子連れランチ、ビストロ&ロティサリー、ラ・ココリコ

カウンターにはお水、コーヒー、紅茶がフリードリンクで置いてあります。(ランチセット注文のみ)

デザートのカプチーノのババロアも美味しかったです。

女子会、子連れランチ、ビストロ&ロティサリー、ラ・ココリコ

最後にメンバーズカードがもらえ、チキン一つ注文するとスタンプを一つ押してもらえるようです。
女子会、子連れランチ、ビストロ&ロティサリー、ラ・ココリコ

■店舗概要
住所 :591 Sukhumvit 33/1 Alley, Khwaeng Khlong Tan Nuea, Khet Watthana, Krung Thep Maha Nakhon 10110
TEL :02-662-8006
営業時間 :11:30~14:00 (L.O.13:30)、17:30~23:00 (L.O.22:30)
定休日 :タイの禁酒日
席数 :42席
個室 :なし
駐車場 :あり
ホームページ :https://www.facebook.com/COCORICOBANGKOK/(フェイスブック)

女子会、子連れランチ、ビストロ&ロティサリー、ラ・ココリコ
アクセス :BTSプロンポン駅下車徒歩約10分。
パクソイ33角のUBC ⅡビルB1F。

最後に

メニューは全て日本語、お客さんもこの日は100%日本人でした。
筆者も友人に教えてもらいましたが、日本人の間では、ちょっとした話題になっているお店のようです。
ソファもあり、子ども連れにも安心して利用できます。
ランチもボリューム満点ですが、夜はワインと本場ビストロメニューに舌鼓を打ち、会話も弾みそうです。

-フード
-,

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.