アート・カルチャー

五木寛之『大河の一滴』人生とは始めから辛いもの。

更新日:

大河の一滴、五木寛之、本、人生

人生とはいつ終わりを迎えるか、とくに今の世の中どこにいても、死とはあっけなくきます。
だから明日があると先延ばしにするのではなく、毎日燃焼しきっていかなければならない。
他人と比べて悲観したり、優越感に浸るのは無駄。
自分にあるものを工夫して、最前の方法を見出すしかない。

これは「大河の一滴」五木寛之氏の本でも、書かれている内容です。

スポンサーリンク

また人はこの世に生まれてくるときから、涙を流して鳴きながら生まれてくる。
人生は最初から辛いもの,,,

私が人生で考えさせられ、共感した本。

人生を有効につかう10の心得

1.ストレスは感じても、溜めない
2.勝手な思い込みはやめる
3.他人からどう思われても気にしない
4.テレビは観ない、本を読む
5.マイナスな発言はしない
6.週末は好きなことを、好きなだけする
7.友達は数ではない、無駄な付き合いは時間の無駄
8.お金はを買う為ではなく、体験することに使う
9.諦めも肝心
10.大声で笑ってみる

心が折れそうになっても、それは人生の一瞬に過ぎません。
駄目な時は誰にでもあります。
その一瞬さえ乗り越えれば、次には幸せが待っています。
自分がマイナスな時に、他人を僻んだり、恨んだり、傷つけると、それは全て自分に跳ね返ってきます。

どんな不運続きでも、それこそ人生と楽しむくらいが、自分自身も楽になります。
頭ではいくらでも考えて、プラスの方向にも、マイナスな方向にも自分で傾けることができます。
否定からはいると何も始まりません。
まずは頭をクリアにして、最初は辛いけど踏み込んでみることです。
そうすることで、もっと自分を大切にし、いい方向へ進んで行くと思います。
全て自分次第なのです。

最後に

この「大河の一滴」はとても読みやすく、誰でもすんなりはいることができる本です。
ごく当たり前のことを、優しく教えるブッタのように語りかけます。
私自身も本当に辛い時、この本を読み返します。
私の心の支えになった本です。

-アート・カルチャー
-,

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.