コラム

子供がピュアで可愛いと評判の映画「パパ、アイ・ラブ・ユー」

更新日:

子供がピュアで可愛い、評判の映画、パパ、アイ・ラブ・ユー

今日ご紹介する映画は、「パパ、アイ・ラブ・ユー」です。

スポンサーリンク

この映画は、実の親子共演でまるでドキュメンタリー・ドラマのような映画に仕上がっています

タイトル:パパ・アイ・ラブ・ユー
原題:THE END OF LOVE
製作年:2012年
製作国:アメリカ
上映時間:92分
ジャンル:ドラマ
監督:マーク・ウェイパー
出演者:マーク・ウェイパー、アイザック・ラヴ、シャニン・ソサモン、アマンダ・セイフライド

あらすじ

妻を亡くした俳優志望のマークはギリギリの生活で2歳の息子アイザックと暮らしています。

1人で父親と母親役をやらなければならない現実と、いつまでもオーディションばかり受けて夢を捨てきれないでいるマーク。

友人にお金を借り、最終的には友人にも見放される惚れな父親。
子供がピュアで可愛い、評判の映画、パパ、アイ・ラブ・ユー

妻を亡くしたショックが大きく、弱くて誰かにすがりたい気持ちの現れで、度々女に手を出そうとします。

最後まで特別大きなアクションは起こりませんが、マークとアイザックはママが死んだことを受け入れていきます。

主演脚本監督、そして珍しい実の親子共演。

なので演技というよりもリアルな生活感が感じられて、アドリブのような自然な演技をみることができます。

アイザックは天使のように可愛らしく、子供ができたらあんな感じかなと想像できますが、ダメな父親にみていてイライラします。

メリハリのあるストーリではなく、最後まで淡々とビデオカメラを回しているだけのちょっと退屈な映画かもしれません。

子供がピュアで可愛い、評判の映画、パパ、アイ・ラブ・ユー
(イメージ)

最後に

「レ・ミゼラブル」に出演していたアマンダ・セイフライドが出ていると知って期待しましたが、アマンダの出演は一瞬だけで、内容は何を伝えたかったのかあまり分かりません。
父子家庭の大変さと、親子の絆を描いているのだろうと思いますが、子供をベビーシッターに預けて友人宅で朝まで遊んだり、女にだらしない面が親として最低で理解できなかったです。

-コラム
-

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.