VISIOMIRE(ヴィジョミア)夢を追うー 世界を旅して得たさまざまな感覚と真実を綴ったトラベルブログです。 2014年にバンコクに移住し、2016年に第一子を出産しました。これからもカメラを片手に、愛する家族と世界中を旅し続けます。

フード

インパクトがすご過ぎる!NYのフォトジェニックなレインボーベーグル

更新日:

インパクト、すごい、ニューヨーク、フォトジェニック、レインボーベーグル

今、世界各国でレインボーフードが爆発的にトレンドとなっているのをご存知でしょうか。

その中でもアメリカの朝食メニューの定番でもあるベーグルも色鮮やかなレインボーカラーに染まり、フォトジェニックと話題沸騰中なのです。

スポンサーリンク

このレインボーベーグルを考案したのは、ニューヨークのウィリアムズバーグにある「The Bagel Store(ザ・ベーグル・ストア)」。

インパクト、すごい、ニューヨーク、フォトジェニック、レインボーベーグル

そのビジュアルとダイナミックな味はニューヨーカーに熱愛され、朝8時から行列ができるほどの人気なのだとか。

クリームチーズはただのクリームチーズではなく、ストロベリーやブルーベリー、オレオクッキーなどアメリカらしいフレーバーがあるのが特長です。

インパクト、すごい、ニューヨーク、フォトジェニック、レインボーベーグル

そのSNS映えするレインボーベーグルが、なんと日本でも食べられるんです。

東京・自由が丘にあるカフェダイナー「New NEW YORK CLUB(ニューニューヨーククラブ)」で今、週末限定で販売されています。

お店はブルーと白を基調にした、爽やかでこじんまりとしたお店。

インパクト、すごい、ニューヨーク、フォトジェニック、レインボーベーグル
(New NEW YORK CLUB公式ホームページより)

店内ではベーグルの他にも、ニューヨークの屋台メニューとして定番のチキンオーバーライスや、スシブリトーなどニューヨークの雰囲気たっぷりのフードやドリンクが揃っています。

注目のレインボーベーグルは、土曜日限定で11:30から販売されます。

ここではベーグル単体での販売はなく、ベーグルサンドウィッチのみの販売で、数量限定なので無くなり次第終了してしまいます。

現在土曜日以外にレインボーベーグルを求めて来店するお客さんもいるため、他の曜日も販売を検討しているとのこと。

RAINBOW COLOR BAGEL(レインボーカラーベーグル)600円

インパクト、すごい、ニューヨーク、フォトジェニック、レインボーベーグル
(New NEW YORK CLUB公式ホームページより)
大人だけではなく子供にも喜ばれそうなカラフルなベーグルは、差し入れでもらったら100%喜ばれる一品。

BLACK OUT BAGEL(ブラックアウトベーグル)」600円

インパクト、すごい、ニューヨーク、フォトジェニック、レインボーベーグル
(New NEW YORK CLUB公式ホームページより)
ブラックココアパウダーを練りこんだ黒い生地にオレオクッキーを混ぜ込んだクリームチーズをサンド。

PINK PANTHER BAGEL(ピンクパンサーベーグル)」600円

インパクト、すごい、ニューヨーク、フォトジェニック、レインボーベーグル
(New NEW YORK CLUB公式ホームページより)
生地には野菜のビーツを練り込み、ストロベリーフレーバーのクリームチーズをサンド。

世界的ミュージシャンプリンスさんの追悼の意を込めたパープルのベーグルや、淡いピンクとブルーのコットンキャンディベーグルもあるんだとか。

お味はベーグルならではのもっちりとした弾力と、濃厚で滑らかなクリームチーズとの相性が抜群です。

インパクト、すごい、ニューヨーク、フォトジェニック、レインボーベーグル

詳細
住所:東京都目黒区緑ヶ丘2-15-14 古川荘1F

TEL:03-6459-5669

営業時間:月、水、木、金11:30~22:00(L.O21:30)
土8:00~22:00(L.O21:30)
日8:00~20:00(L.O19:30)
基本上記営業時間となりますが、流動的なため詳細は公式サイトをご確認ください。

定休日:火曜日(火曜が祝日の場合は営業)

座席:9席

駐車場:なし

ホームページ::http://newnewyorkclub.com/

インパクト、すごい、ニューヨーク、フォトジェニック、レインボーベーグル
アクセス:自由が丘駅正面口を出て右。自由が丘駅から徒歩約5分(433m)。
グリーンロードを直進。ヤマダ電機の前を通り過ぎて、右手側3軒目。

最後に

日本では空前のパンブームのなかで、ようやく定着してきたベーグル。
ベーグル専門店も続々とオープンしており、その人気はとどまるところを知りません。
ニューヨーカーの間で話題になっているレインボーブームは、今後もさまざまな食材を使って私たちを驚かせてくれそうですね。

-フード
-,

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.