旅行・お出かけ

この夏行きたい、バンコクから3時間半で行ける楽園「サメット島」

更新日:

この夏行きたい、バンコクから3時間半、楽園、サメット島

夏本番を間近に控え、そろそろ旅行先は決まりましたか?

海外の渡航先の中でも、現在デモやテロでヨーロッパや中近東は危険エリア。

そこで気軽に行ける東南アジアのタイをご紹介したいと思います。

まずは日本から7時間弱で行ける”微笑みの国”タイへ飛行機で移動。

スポンサーリンク

バンコクにはビーチが山ほどありますが、中でもバンコクからバスで3時間半で行ける、透明度の高い海・サメット島はおすすめです。

バンコクのBTSエカマイ駅にあるバスターミナルからエアコンバスに乗り込みます。
この夏行きたい、バンコクから3時間半、楽園、サメット島

受付でサメット島までと言うと往復のバスチケットと、ボートチケットも付いてくるので失くさないようにしましょう。

この夏行きたい、バンコクから3時間半、楽園、サメット島

この夏行きたい、バンコクから3時間半、楽園、サメット島

料金
バス+ボート 155バーツ
バスのみ   138バーツ

この夏行きたい、バンコクから3時間半、楽園、サメット島
エカマイから船着場があるバンペー港までのバスは、30分おきに出発しています。

この夏行きたい、バンコクから3時間半、楽園、サメット島

この日は高速の途中で事故による大渋滞があり、通常なら3時間半で着くところを5時間近くバスに揺られようやく到着。

その間ノンストップでバスは走りますが、バスの中のトイレはとても汚いので、あらかじめ用を済ませてから乗ったほうがいいと思います。

勿論バス乗り場や船着場のお手洗いも、タイの昔ながらの桶式トイレなので覚悟が必要です。

この夏行きたい、バンコクから3時間半、楽園、サメット島

バスから降ろされると通りの反対側にボート乗り場があります。

この夏行きたい、バンコクから3時間半、楽園、サメット島
ボートチケットをチェックしてもらい、大型のボートに乗り込みます。

ボートは一応1時間おきに出航していますが、人が集まらないとなかなか出発しないところがタイらしい。

この夏行きたい、バンコクから3時間半、楽園、サメット島
ボートの中はエアコンも日除けもない中、30分間も船に揺られなければいけないので、2階席より1階席の方がおすすめです。

この夏行きたい、バンコクから3時間半、楽園、サメット島
その他にスピードボートがあり、これならほんの10分でサメット島まで行けます。

ようやくサメット島に到着。

この夏行きたい、バンコクから3時間半、楽園、サメット島
体はマーメード、顔は鬼の形相のダイナミックなブロンズ像が出迎えてくれます。

この夏行きたい、バンコクから3時間半、楽園、サメット島
最後に忘れてはいけないのが、入国税のようなものをとられるので、着いたら窓口で20バーツ支払います。

この夏行きたい、バンコクから3時間半、楽園、サメット島
切符を斬ってもらい、ようやくサメット島に上陸。

この夏行きたい、バンコクから3時間半、楽園、サメット島

最後に

いかがでしたか?
その他の行き方だと、旅行会社が運営するミニバスかVIPバスを予約するか、空港から直接タクシーをチャーターする方法もあります。
サメット島は中国人とタイ人に人気があるビーチで、ホテルもレストランもリーズナブルなので、長期滞在してもお金を使わずリッチな旅行が楽しめると思います。

-旅行・お出かけ
-

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.