Book

ハードボイルド作品「いつか虹の向こうへ」伊岡 瞬

更新日:

ハードボイルド、作品、いつか虹の向こうへ、伊岡 瞬
(写真はイメージです)

今日ご紹介する本は、伊岡 瞬さんの「いつか虹の向こうへ」です。

スポンサーリンク

第25回横溝正史ミステリ大賞&テレビ東京賞、W受賞作。

タイトル :いつか虹の向こうへ
著者 :伊岡 瞬
出版社 : 角川文庫
出版日 :2008年5月23日
Kindle価格 :691円
ジャンル :文庫

伊岡 瞬(いおか しゅん)

1960年東京都武蔵野市生まれ。

日本大学法学部卒業。

広告会社勤務を経て、2005年に本作「いつか、虹の向こうへ」で第25回横溝正史ミステリ大賞の大賞とテレビ東京賞をW受賞し、作家デビューします。

ウィキペディア: 伊岡瞬

内容紹介

主人公は尾木遼平、46歳、元刑事。

不器用な性格ゆえに妻を失い、さらに「魔が差して」職も失ってしまった尾木。

暗い過去を持つ3人の居候との奇妙な同居生活をしている。

ハードボイルド、作品、いつか虹の向こうへ、伊岡 瞬
(写真はイメージです)

そこに新たな居候として転がり込んできた早希は、みんなを和ます陽気さと厄介ごとを併せて持ち込んできた。

作中は、常に尾木の一人称視点で語られています。

事件の真相解明と同時に、尾木の過去や4人の同居人の過去が明らかになっていくサスペンス&正統派ハードボイルド。

人が良すぎて、読んでいて痛すぎる部分も多く、読んでいて心苦しくなりました。

それぞれの人生の謎が解けていくのはテンポが良いですが、どうしても尾木のキャラが好きになれなかったのが残念。

あとがき

弱さの中でも、希望を持とうという肯定的な構成は素晴らしいです。
「家族」「絆」というテーマがしっかりと伝わってきて、男性でも女性でも読みやすい本だと思います。

-Book
-

Copyright© VISIOMIRE.com , 2018 AllRights Reserved.