フード

美食の国イタリアの朝食スタイルは、たっぷりの「カフェラッテ」と、チョコレートクリーム「ヌテッラ」は欠かせい!?

更新日:

美食の国、イタリア、世界の朝食スタイル、カフェラッテ、チョコレートクリームヌテッラ

日本は様々な国の食文化を取り入れ、各国のレストランが存在し、人々は日本食だけでは飽き足らず、毎日自分の気分で世界中の料理を食べる、海外の中でも珍しい人種だと思います。

しかし日本人にとってみたらそれも一つの楽しみで、お一人様なら中華やファストスード、大勢ならメキシコ料理やトルコ料理と、気分やシチュエーションでどうにでも選択できるのが日本の現在の食文化です。

中でも私が注目しているのは、世界の朝食です。

スポンサーリンク

ここ最近、ハワイのパンケーキや、ニューヨークのクロナッツ(クロワッサンドーナツの略)など、海外の日常で食べられている「ブレックファスト」が日本で注目されています。

美食の国、イタリア、世界の朝食スタイル、カフェラッテ、チョコレートクリームヌテッラ

そこで各国の美味しい朝食をご紹介していきたいと思います。
まず初めに美食の国イタリアの「ブレックファスト」をご紹介します。

イタリアの定番朝ご飯

・ブリオッシュコルネット(クロワッサン)
・手作り風のケーキ
・タルト
・ビスコッティ(ビスケット)
・ハチミツ
・バター
・アプリコットジャム
・マルメッラータ(マーマレード)
・ヌテッラ(チョコレートクリーム)
・リコッタチーズ
・カフェラッテ

※地域によって多少異なります。

美食の国、イタリア、世界の朝食スタイル、カフェラッテ、チョコレートクリームヌテッラ

一般家庭だと朝食は軽く、自宅やカフェでエスプレッソやカプチーノ1杯で済ませることも。
会社に出勤して、10:00~11:00頃に「スプンティーノ」というお茶休憩があるのもイタリアならではの習慣です。

美食の国、イタリア、世界の朝食スタイル、カフェラッテ、チョコレートクリームヌテッラ

朝はデニッシュやクロワッサンのようなバターたっぷりのブレッドにジャムやヌテッラ(チョコレートクリーム)をたっぷり塗って食べます。

美食の国、イタリア、世界の朝食スタイル、カフェラッテ、チョコレートクリームヌテッラ

カフェラッテは専用の大きなボール、カフェラテボールに砂糖を多めに入れて飲みます。

どちらかというとディナーがメインで、日中はあくまで軽めなのがイタリアの食生活の基本です。

イタリアローマの有名なお店

1、カンポ・デ・フィオーリ(Forno Campo de' Fiori)
手軽で美味しいカットピザのお店。

2、アンティコ・カフェ・グレコ(Antico Caffe Greco)
雰囲気ある老舗カフェ。

3、ジェラテリア・ジョリッティ(Gelateria Giolitti)
ローマにある数多くのジェラート屋さんの中でも、古いジェラートショップ。

4、リケッタ(Likeat)
ベーカリーやサンドイッチなど軽食を買うことができます。

5、パニーノ・リッコ(Panino Ricco)
サンドイッチ、ファストフードが気軽に食べられます。

美食の国、イタリア、世界の朝食スタイル、カフェラッテ、チョコレートクリームヌテッラ

最後に

イタリア人は基本甘党で、味付けが濃いもの好みます。
午後に飲むエスプレッソにもたくさん砂糖を入れて飲んだり、パンやビスケット、クッキーなんでもヌテッラをたっぷり塗って食べます。

-フード
-

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.