カフェ

西洋人旅行者も立ち寄る、バンコクのヴィーガンカフェ「ヴィーガネリー」

更新日:

外国人、旅行者、バンコク、ヴィーガン、カフェ、ヴィーガネリー

今日ご紹介するカフェは、バンコクに何ヶ所かお店を構える「VEGANERIE(ヴィーガネリー)」です。

今回筆者が利用したのは、BTSチットロム駅にある「The Mercury Ville(ザ・マーキュリー・ヴィレ)」の4階の「VEGANERIE(ヴィーガネリー)」です。

中央が吹き抜けになっていて開放的なカフェは、以前から気になっていたお店の1つ。

外国人、旅行者、バンコク、ヴィーガン、カフェ、ヴィーガネリー

「VEGANERIE(ヴィーガネリー)」ではヴィーガンフードをコンセプトに、グルテンフリーやシュガーフリーの料理やデザートを提供しています。

そもそもヴィーガン(Vegan)とは、卵、牛乳、チーズ、ラードなど動物由来の食品を一切とらない人のことをいいます。

つまり、ベジタリアンより厳格な”絶対菜食主義者”。

外国人、旅行者、バンコク、ヴィーガン、カフェ、ヴィーガネリー

スポンサーリンク

ヴィーガンは栄養豊富で低脂肪、コレステロールもなく、消化にもやさしいのです。

食事にはお肉の代わりにシイタケやマッシュルームを加え、デザートに欠かせない卵や牛乳の代わりに豆腐や豆乳を使っています。

■フルーツクリームアイスバフェ(155バーツ)
外国人、旅行者、バンコク、ヴィーガン、カフェ、ヴィーガネリー
数種類のアイスクリームから自分で2種類選べる、フルーツクリームアイスバフェ。
トッピングはヴィーガンの生クリームにシリアル、イチゴ、ブルーベリー、キウイ、バナナがはいっています。
何と言ってもここのアイスクリームは最高に美味しくて、きっとリピートしたくなるはず。

外国人、旅行者、バンコク、ヴィーガン、カフェ、ヴィーガネリー
筆者は”バナナ”と”ブラックセサミ(黒ごま)”をチョイスしましたが、どちらもクリーミーでタイで食べたアイスクリームの中で一番美味しく感じました。
他にも、リッチバナナ、パッションフルーツ、チョコレート、タイティー、アーモンドミルクなど魅力的なフレーバーが並んでいました。

■レッドベルベットケーキ(150バーツ)
外国人、旅行者、バンコク、ヴィーガン、カフェ、ヴィーガネリー
海外では定番のレッドベルベットケーキ。
甘すぎないので、食後でもペロッと食べられちゃいます。

■ホットアメリカーノ(55バーツ)
外国人、旅行者、バンコク、ヴィーガン、カフェ、ヴィーガネリー
深めの耐熱カップにはいったアメリカーノも、深みがあってとても美味しかったです。
この価格でこのクオリティなら、毎日利用したいくらい。

外国人、旅行者、バンコク、ヴィーガン、カフェ、ヴィーガネリー
ヘルシー志向のお店なので、もちろんミルクもシュガーも付いてきません。
ブラウンシュガー、お水などはカウンター脇に置いてあります。

■ヴィーガン プルドポークBBQ(310バーツ)
外国人、旅行者、バンコク、ヴィーガン、カフェ、ヴィーガネリー
マッシュルームで作られたヴィーガンBBQポークとフレンチフライ。
バーガーもしくはサンドウイッチスタイルが選べます。

■ヴィーガン スムージー(165バーツ)
外国人、旅行者、バンコク、ヴィーガン、カフェ、ヴィーガネリー
ソイ・ミルクとブラウンシュガーと各種フルーツやチョコレートで作るスムージ。
もちろんグルテンフリーなので、アレルギーの方やダイエッターにもおすすめです。

お店はプロンポンのエムクオーティエや、サイアムパラゴンにもあります。

どのお店もスタイリッシュでクールな創りです。

外国人、旅行者、バンコク、ヴィーガン、カフェ、ヴィーガネリー
またここを利用するお客さんのほとんどが西洋人。

この日もタイ在住の西洋人や多きなバックパックをもった旅行者が利用していました。

アメリカやヨーロッパなどの欧米の国では、ヴィーガンやベジタリアンの人はアジアに比べて多く、スーパーでも気軽にグルテンミートやシュガーフリーの食品が売られています。

「VEGANERIE(ヴィーガネリー)ではオリジナルのシリアルなども販売していました。

外国人、旅行者、バンコク、ヴィーガン、カフェ、ヴィーガネリー

詳細
住所:4Floor 540 Mercury Tower Ploenchit Road, Lumpini, Pathumwan. Bangkok 10330
TEL:02-252-2120
営業時間:11:00~22:00
定休日:なし
ホームページ:https://www.facebook.com/VeganBakeryBangkok/(フェイスブック)

外国人、旅行者、バンコク、ヴィーガン、カフェ、ヴィーガネリー
アクセス:BTSチットロム駅からスカイウォークで直結

最後に

バンコクでは最近ようやく健康志向という言葉が浸透してきていて、ランナーなロードバイクにまたがる人をよく見かけるようになりました。
それと同時にベジタリアンや、ヴィーガンと言ったキーワードも注目されつつありますが、筆者が知っているヴィーガンのお店はここだけ。
「VEGANERIE(ヴィーガネリー)は、体にいいだけではなく、コストパフォーマンスが高く、何を食べても美味しいのでおすすめです。
お店の雰囲気もおしゃれで、気軽に立ち寄れるカフェだと思います。

-カフェ
-,

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.