ライフスタイル

見えないからこそオシャレを楽しむ!パリジェンヌに学ぶ下着選びのコツ

更新日:

見えないオシャレ、楽しむ、パリジェンヌ、学ぶ、下着選び、コツ

日本女性とフランス人女性は性格や気質の面で異なることが多いですが、それはみえない部分から違いがわかります。

フランス人女性は格好もメイクもナチュラルだけど、美しいオーラを放ってさっそうと街を歩いている

フランスでは1年に2回、世界最大のランジェリー見本市が行われています。

マーケットでもかなり広い面積で下着コーナーが設けられています。

スポンサーリンク

そう、パリジェンヌの下着選びは、例え見えない下着であってもファッションの一部のようにを大切に考えています。

見えないオシャレ、楽しむ、パリジェンヌ、学ぶ、下着選び、コツ

着る服によって下着のタイプを使いわけることはもんちろんのこと、人によっては洋服よりも下着にお金をかける人も多いのだとか。

デニムやスキニーに合わせてキャミソール1枚をさらっと着て出かけることが多いパリジェンヌ。

そういうスタイルの時は、レースや装飾がなく外に響かないブラをつけています。

響かない

最近パリで人気なのが、「body(ボディ)」と呼ばれるボディースーツ型の下着。

日本でも若者に人気のファストファッションのお店、H&MやForever21でも売られているのを目にしている人も多いはず。

1枚でブラとショーツの役割を果たしてくれます。

ブラジャーをしたときのワイヤーの締め付けがないので着心地も抜群で、着るだけで背筋が伸びて姿勢が美しくなる効果があるんだとか。

洋服によって下着の線だけではなく、お腹のぽっこりや背中の脇のお肉が気になることありませんか。

bodyはそんな体のラインが出るタイトな服装の時でも、下着が響くことがないので安心です。

素材と色

見えないオシャレ、楽しむ、パリジェンヌ、学ぶ、下着選び、コツ
また素材にも重視して、汗を吸収してくれるコットン素材を選べば真夏でもさらさらです。

その他にも、パリジェンヌの定番スタイル、白Tや真っ白なシャルには、色が透けないヌーディーカラーを選んでいる人が多いようです。

ヌーディでシンプルな下着を重宝しているパリジェンヌですが、ガーリーなデザインを着けることも勿論あります。

中でもパステルカラーが人気で、女子な気分でいたいときに身に着けるのだそう。

締め付けない

見えないオシャレ、楽しむ、パリジェンヌ、学ぶ、下着選び、コツ
日本のブラはパッドやワイヤーでしっかりとバストの形を整える傾向があります。

しかし、パリジェンヌはガチガチの締め付けるタイプのものより、リラックスなムードのファッションが好み。
なので下着もとにかくブラはワイヤーなしで軽いつけ心地のものをよく選びます。

コーディネート

見えないオシャレ、楽しむ、パリジェンヌ、学ぶ、下着選び、コツ
日本人女子の下着選びは、上下セットになっている方が美徳と考えられています。

セット売りの方がお得感があるのと、すでに何パターンも形を変えたショーツがセットになって販売されているからです。

フランスでは、日本のようにブラとパンツのセット売りはほとんどありません。

そのため、ファッションコーディネートのようにブラとショーツのデザインやバランスを楽しむことができます。

パリジェンヌにとって、下着はファッションの一部だということがわかりますね。

また下着は旦那さんや彼氏と一緒に似合うものを選ぶというフランスの文化は、日本とは異なります。

見えないオシャレ、楽しむ、パリジェンヌ、学ぶ、下着選び、コツ

以下のフランス下着は、ブラ、ショーツ、ベビードール、キャミソール、コルセット、シミーズなど多様な下着を取り揃えている有名ブランドです。

フランス大手下着メーカー
■オーバドゥ(Aubade)

■シャンタルトーマス(CHANTAL THOMASS)

■シモーヌ・ペレール(Simone Perele)

■プリンセス タム・タム(Princesse tam.tam)

■リズ・シャルメル(Lise Charmel)

中でも男性が恋人に着て欲しいランジェリーNo.1は「Aubade(オーバドゥ)」だそうです。

見えないオシャレ、楽しむ、パリジェンヌ、学ぶ、下着選び、コツ

最後に

服だけでなく、気分によっても下着を使いわけるパリジェンヌ。

フランス人がいかに下着を大切に考えているかがわかります。

高級下着から、カジュアルでキュートな下着を上手にコーディネートしているところはさすが。

見えないからといって手抜きは禁物ですね。

-ライフスタイル
-

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.