フード

秋の味覚をぎゅっと詰め込んだ、ANAインターコンチに入っている「ピエール・ガニェール」の贅沢パンがお勧め

更新日:

秋の味覚、ANAインターコンチネンタルホテル、ピエール・ガニェール、贅沢パンがお勧め

今日ご紹介する一押しベーカリーは、テレビでも紹介された「ピエール・ガニェール」です。

ピエール・ガニェール氏は、1987年にフランスのパリ8区のバルザックにあるレストラン「ピエール・ガニェール」のオーナー・シェフです。

現在はこのお店は閉店していますが、17年間連続で三ツ星に選ばれている世界的に有名なレストランです。

スポンサーリンク

また芸術的センスに飛んでおり、”食べるアート・厨房のピカソ”とも言われています。

秋の味覚、ANAインターコンチネンタルホテル、ピエール・ガニェール、贅沢パンがお勧め

2010年3月、ANAインターコンチネンタルホテル東京内に開業。

現在は、パリ(2店)、クールシュベル(フランス)、ゴルド、ロンドン、ドバイ、香港、ソウル、ラスベガス、ベルリン、リアド(サウジアラビア)と東京を含めて世界に12店舗を展開中です。

パンの種類は30種類で、相場は350円前後で購入できます。

こだわりはフランスから直輸入している小麦粉を使い、とにかく生地の美味しさを追求し続けています。

秋の味覚、ANAインターコンチネンタルホテル、ピエール・ガニェール、贅沢パンがお勧め

中でもフランス仕込みの天然酵母(ルヴァン)を使ったバケットと、この時期冷やしても固くならないマンゴーのトロペチャーノも今の人気商品です。

秋の新作メニュー
(2015年9月12日(土)より期間限定)

栗と黒糖のデニッシュ(380円)

フランス産のマロンクリームを生地に使用。
黒糖とマリンバターを使うことにより味にコクがでます。
どこか和の風味を感じる秋の一押し商品です。

3種のキノコとローストポークのカンパーニュ(380円)

キノコはシメジ、マッシュルーム、エリンギが使われています。
寝かしたシチューと、贅沢なローストポークをそのままパンに包んだカンパーニュは、食事として立派な一品になります。

その他の定番商品
・バケット(400円)
・クロワッサン(250円)
・パン・オ・ショコラ(300円)
・ビーフカレーパン(280円)

詳細
住所:東京都港区赤坂1-12-33

TEL:03-3505-1111(代表)

営業時間:平日 7:00~20:30/土日祝 8:00~20:30
(ケーキは10:00〜、デリカテッセンは11:00〜)

定休日:無休

ホームページ:http://www.anaintercontinental-tokyo.jp/rest/pierre_gagnaire_pg.html

秋の味覚、ANAインターコンチネンタルホテル、ピエール・ガニェール、贅沢パンがお勧め

最後に

見た目がアート作品のようなケーキや、パリ本店と同じレシピで作られるパンや、焼き菓子、デリカテッセンなど本場の味が低価格で気軽に楽しめます。
ANAインターコンチにはレストランも入っていますが、ベーカリーは気軽に購入して帰れます。

-フード
-

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.