旅行・お出かけ

家族で楽しめる「セントラルエンバシー」のX'mas限定イベント

更新日:

家族で楽しめる、セントラルエンバシー、クリスマス限定、イベント

Central Embassy(セントラルエンバシー)の6階にできた「Open House」は祝日に限らず大好評。

特に子連れには絶好の場所です。

無料のキッズスペース内には見守りスタッフがいるので、親としても安心して遊ばせることができます。

それとは別にG階に

スポンサーリンク

期間限定で「巨大サンタのエアースライダー&ボールプール」が登場。

まずカウンターで手続きをして荷物をロッカーに入れてから中にはいります。

家族で楽しめる、セントラルエンバシー、クリスマス限定、イベント

結構大きい子どもたちが滑り台から勢いよく滑り降りてくるので、小さなお子様はボールプール内が安全かも。

家族で楽しめる、セントラルエンバシー、クリスマス限定、イベント

また大きなクリスマスツリーとクリスマスハウスも飾ってあるので、インスタに載せるにはぴったりのスポットだと思います。

無料でサンタさんのコスチュームも貸してくれるので、ご家族そろって写真撮影してみては。

この時期は店舗の入れ替わりが激しく、所々クローズしているお店も。

家族で楽しめる、セントラルエンバシー、クリスマス限定、イベント
ちなみに12月初旬はまだセールは始まっておらず、部分的にプレセールしているくらいでした。

エンバシーからセントラルチットロムに場所を移すと、中央の広場で「クリスマスマーケット」が開かれていました。

クリスマスマーケットと言えば、ドイツのニュルンベルクで行われる「クリストキンドレスマルクト」と、ロマンチック街道沿いのローテンブルクで行われる「中世の宝石箱」が世界的に有名ですよね。

家族で楽しめる、セントラルエンバシー、クリスマス限定、イベント

ここででも同じように赤と白のテントを使ってクリスマスをイメージしていますが、外は灼熱の太陽。

しかもよく見かけるタイ料理や、300バーツくらいの服が並び、やっぱりタイでクリスマスを演出するのはかなり無理があるのかも。

さらにセントラルチットロムのG階にあるフードホールには、クリスマスならではのお菓子の家ヘクセンハウスやシュトレンなども並んでいました。

粉砂糖で白く覆われた形は、おくるみに包まれた幼子キリストをあらわすといわれています。

家族で楽しめる、セントラルエンバシー、クリスマス限定、イベント

その発祥の地でもあるドイツのドレスデンでは毎年、シュトレン祭りが開かれ巨大なシュトレンが登場し、期間中シュトレンを少しずつ食べるのがドイツの習慣なのだとか。

シュトレンと並ぶクリスマス菓子の定番レープクーヘンは、たっぷりのハチミツとシナモン、ジンジャー、コリアンダー、レモンピールやナッツが入った、ネトっとした食感の焼き菓子です。

まずは試食してみるもの良し。

日本ではここまで本格的なクリスマス菓子は売っていないので、これを期に買ってみるのも良し。

店舗概要
住所 :Central Embassy, 1031 Ploenchit Road, Khwaeng Lumphini, Pathumwan, Bangkok 10330
TEL :02-119-7777
営業時間 :10:00~22:00
定休日 :なし
ホームページ : centralembassy

家族で楽しめる、セントラルエンバシー、クリスマス限定、イベント

アクセス :BTSプルンチット駅5番出口直結セントラルエンバシー

最後に

ちなみにエンバシー2階では、タイ国内無料で送れるグリーティングカードのサービスも行っています。
いつもお世話になっている人にサプライズで送ってみてはいかがでしょうか。

-旅行・お出かけ
-,

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.