タイ移住

国内線とLCCに強いバンコクの「ドンムアン空港」は、ミニマムで行列知らず!!

更新日:

国内線、LCC、バンコクのドンムアン空港、ミニマム、行列なし

スポンサーリンク

タイの格安航空会社(LCC)のターミナル「ドンムアン空港」は、主にタイ国内の空港を結んでいますが、日本を含む国際線も就航います。

ドンムアンを就航するエアライン
・エアアジアX
・ノックエアライン
・タイガーエアライン
・タイライオンエア
・Rエアライン

昔はここがタイの玄関口で、多くの外国人が利用していましたが、今では「スワンナプーム国際空港」ができ、「ドンムアン空港」は地元の人が使うだけのローカルな飛行場と化しています。

国内線、LCC、バンコクのドンムアン空港、ミニマム、行列なし

どこもかしこも古臭く、照明が異様に暗いのが気になります。

逆にこじんまりしていて、入国するまで並ばずにすんなり出国できるところが、ここ「ドンムアン空港」のメリットだといえます。

国内線、LCC、バンコクのドンムアン空港、ミニマム、行列なし
表には「エアアジアX」の自動チェックインの機会が数台設置してあります。

国内線、LCC、バンコクのドンムアン空港、ミニマム、行列なし
もちろん日本語表記も可能です。

「スワンナプーム国際空港」は世界中のアライアンスに加盟したエアラインが就航していますが、とにかくどの時間帯に行っても混雑しているのが難点です。

国内線、LCC、バンコクのドンムアン空港、ミニマム、行列なし

出発ロビー

国内線、LCC、バンコクのドンムアン空港、ミニマム、行列なし

中はスワンナプーム国際空港に比べてこじんまりしていて、各ゲーとも中心からそこまで歩かずにたどり着けます。

イミグレ内の飲食店
・スターバックス
・ベーカリーコーヒー
・フジレストラン
・マクドナルド
・サブウェイ
・ピリピリチキン
・クリスピークリームドーナツ

国内線、LCC、バンコクのドンムアン空港、ミニマム、行列なし
国内線、LCC、バンコクのドンムアン空港、ミニマム、行列なし

その他、イギリスのドラックストア「ブーツ」やブランド品を扱う免税店も数点あります。

国内線、LCC、バンコクのドンムアン空港、ミニマム、行列なし

到着ロビー

国内線、LCC、バンコクのドンムアン空港、ミニマム、行列なし

荷物受け取りと同じフロアーにある、最後の免税ショップ。

アルコールや化粧品の価格は、日本かバンコクのスーパーで買ったほうが安いです。

国内線、LCC、バンコクのドンムアン空港、ミニマム、行列なし

到着ロビーも「スワンナプーム国際空港」のような近代的で華やかさはありませんが、個人で迎えに来ている地元の人が意外に多く待ち受けていました。

国内線、LCC、バンコクのドンムアン空港、ミニマム、行列なし

タイのフェアトレード商品の「ドイ・チャン・コーヒー」と、タイの大手ビールメーカー「シンハ」のショップもあります。

国内線、LCC、バンコクのドンムアン空港、ミニマム、行列なし

空港からタクシーに乗る

国内線、LCC、バンコクのドンムアン空港、ミニマム、行列なし
「ドンムアン空港」から街までのアクセスは、列車、公共バス、タクシーがありますが、一番タクシーが便利です。

タクシー乗り場は8番出口からで、順番がきたらカウンターで行き先やホテル名を伝えます。
「スワンナプーム国際空港」と同じくメーター料金+50バーツ+高速代がかかります。

タクシーに乗ると最初にドライバーからハイウエイか下道か聞かれます。

もちろん下道を選べば高速料金はかかりませんが、バンコクは渋滞が激しいので、高速を使ったほうが早く目的地に着くと思います。

私の場合は高速代は75バーツと50バーツの2回とられました。

国内線、LCC、バンコクのドンムアン空港、ミニマム、行列なし

最後に

チェックインカウンターが出発フロアーには、簡単なフードコートと、新宿発祥のとんかつ屋さん「さぼてん」がはいっています。
ここを利用するお客さんの80%は地元のタイ人ですが、並んだり、長い通路を歩いたりと煩わしいことも少ないので楽な気がします。
また格安航空会社(LCC)を使ってタイ国内旅行に気軽に行けるので、個人的にお勧めの空港です。

-タイ移住
-,

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.