Cafe

コスパはイマイチ!しかし雰囲気は開放的で、お洒落なカフェ「クレープス&コー」セントラルワールド

更新日:

クレープスアンドコー、コスパ最悪、落ちついたカフェ、セントラルワールド

スポンサーリンク

『Crepes&Co.』(クレープス&コー)はスイス出身のフィリップ・ブルティン氏が1996年にアソーク開店したバンコク初のクレープ専門店。

バンコク市内に数軒とホアヒンに支店を持ち、落ち着いた雰囲気でバンコク在住の外国人に大変人気があります。

今回利用したのはセントラルワールドにある『Crepes&Co.』(クレープス&コー)に来ています。

店内には欧米人やタイ人のグループが多く、複数で色々な味をシェアしている姿が目立ちます。

クレープスアンドコー、コスパ最悪、落ちついたカフェ、セントラルワールド

店内は商業施設内の一角にあるオープンなお店で、最上階から1階まで見渡せる吹き抜けの場所にあります。
インテリアや小物は一つ一つ凝っていて、食器は重量感がありなかなかセンスがよく、居心地がいい空間です。

最初にカウンターでオーダーしてお金を支払いますが、スタッフが色々とカスタマイズ方法や、ドリンクを勧めてくるので面倒くさいです。

クレープスアンドコー、コスパ最悪、落ちついたカフェ、セントラルワールド

C and C/フルーツサラダのクレープ バニラアイスクリーム マンゴーゾースかけ
(fruit sarada,vanillaice cream and mango sauce)
135バーツ

細かくカットされ、想像以上に薄いクレープは1人で食べれそうな量です。

使われているフルーツはリンゴ、パパイアと見た目は色鮮やかで、一見野菜のように見えます。

クレープスアンドコー、コスパ最悪、落ちついたカフェ、セントラルワールド

薄く焼いたクレープの中と上に、様々なカットフルーツがは入っていて、しっとりのクレープとフルーツのシャキシャキの食感が面白いです。
ふんだんにかけられたマンゴーソースも濃厚です。

中央のバニラアイスクリームはリッチ感があり、クレープよりアイスクリームの方が美味しいと感じました。

クレープスアンドコー、コスパ最悪、落ちついたカフェ、セントラルワールド

クレープメニュー(135バーツ〜)

・バニラ キャラメル
・チョコレート アンド カフェ
・シーアンドシー
・トロピカーナ
・トリプルマンゴー
・マンゴー ココナッツ
※他にもメニューあり

クレープスアンドコー、コスパ最悪、落ちついたカフェ、セントラルワールド

ドリンクメニュー

・ミネラルウォーター 30バーツ
・フルーツジュース 80バーツ
・ミルクシェイク 90バーツ
・ラッシー 95バーツ
・セスプレッソ 70バーツ
・カプチーノ 80バーツ
・カフェラテ 80バーツ
・カフェモカ 90バーツ
・ホットチョコレート 90バーツ
・アイスチョコレート 90バーツ
・アイスコーヒー 80バーツ
・アイスカプチーノ 80バーツ
・アイスラテ 80バーツ

詳細
住所:4,4 / 1-2,4 / 4, Ratchadamri Road, Pathumwan, Bangkok 10330 タイ
TEL:02-2640-7000
営業時間:10:00~22:00

最後に

日本の生クリームが沢山はいったクレープを想像していると、ちょっとボリュームに満足できないかもしれませんが、どちらかというと中のフルーツや、シロップ、アイスクリームがメインのクレープです。
どこの店舗も雰囲気は良さそうですが、コストパフォーマンスはいまいちな気がします。

-Cafe
-,

Copyright© VISIOMIRE.com , 2018 AllRights Reserved.