Moms & Baby

子ども中心の生活になって感じた「幸せな変化」とは

更新日:

子ども中心、生活、感じる、幸せな変化

自分だけのことを考えていた独身時代から、結婚しパートナーができて、さらに子どもを設けてみてはじめてみててきた世界。

ひとりの人間を育てていると、

スポンサーリンク

今まで見たことがなかったような世界を感じることがあります。

赤ちゃんは無力で自分一人では生きていけないので、付きっきりでお世話をします。

そうすると、今までの生活がガラリと変化してきます。

親になった人なら必ず感じてることをいくつか挙げてみたいと思います。

1、お金の使い方が変わった

子ども中心、生活、感じる、幸せな変化
今までは自己投資に金額を気にせずガンガンつかっていましたが、子どもが生まれてからは自分のものを買うよりも、子どものものを買うことが増えたという人は多いのではないでしょうか。
子どもが喜びそうなおもちゃや洋服を買うことが自分の楽しみになり、子どもに喜んでもらうためにお金をつかうようになった気がします。

2、休日の過ごし方が変わった

子ども中心、生活、感じる、幸せな変化
休みの日は友達と遊んでいたけど、今ではその友達たちにも家族ができ何となく疎遠に。
子どもが生まれると気軽に出かけたり遊んだりすることが難しくなります。
家族の優先度が高くなるのはあまり前のことだし、今度は家族ぐるみの付き合いも始まってきます。

3、生活習慣が変わった

子ども中心、生活、感じる、幸せな変化
子どもがいなかった頃はオールは週一ペースでしたが、子どもができてから毎日22時には寝て翌朝6時半に起きる生活になりました。
子どもがいると、子ども中心の生活スタイルに自然と変わっていくもの。
赤ちゃんの時は授乳や夜泣きで起きたりするので、とまって寝られないのが当たり前でした。
無理しすぎて体調を崩すのも嫌なので、夜更かしせずに早寝になったり、子どもに合わせてお昼寝するママも多いのではないでしょうか。

4、食事スタイルが変わった

子ども中心、生活、感じる、幸せな変化
これまで食事には手間暇かけて作って、ゆっくり食べるように気をつけていましたが、子どもができてから食事はまず子どもに与えて、それから食べるので早食いになった気がします。
まず食事は冷めているし、子どもの食べ残したものを食べるのは当たり前。
作る時間も食べに行く時間もないので、納豆や海苔など簡単なもので済ませる日も。

あとがき

いかがでしたか?
良い意味で「幸せな変化」と捉えられたら、あなたの家族はハッピーだと思います。
独身時代を謳歌できたからこそ、今の生活の変化も素直に受け止められるのかもしれませんね。

-Moms & Baby
-,

Copyright© VISIOMIRE.com , 2018 AllRights Reserved.