VISIOMIRE(ヴィジョミア)夢を追うー 世界を旅して得たさまざまな感覚と真実を綴ったトラベルブログです。 2014年にバンコクに移住し、2016年に第一子を出産しました。これからもカメラを片手に、愛する家族と世界中を旅し続けます。

「旅行・お出かけ」 一覧

旅に出よう、カメラ一つ、世界を周る、海外のインスタグラマー

旅行・お出かけ

私も旅に出よう!カメラ一つで世界を周る、海外のインスタグラマーたち

海外のファッションモデルやファッションブロガーの大半がアカウントを持っているInstagram(インスタグラム)。 Instagram(インスタグラム)は、日常の瞬間をとらえた写真や動画を簡単にシェア ...

インスタグラムにアップ、砂浜のレストラン、サメット島、サイケーオ・ビーチ

旅行・お出かけ

インスタグラムにアップしたくなる!砂浜に広がるレストラン、サメット島の「サイケーオ・ビーチ」

昼間は人でにぎわうサイケーオ・ビーチは、夜になるとレストランに様変わりします。 真っ白な砂浜にゴザが敷かれ、その上にテーブルと三角枕が置かれ、キャンドルが灯されます。 夕焼けを眺めながら、自然の波音が ...

サメット島で泊まりたい、ワンランク上のモダンホテル、リマ ベラ リゾート

旅行・お出かけ

サメット島に行ったら泊まってみたい、ワンランク上のモダンなホテル「リマ ベラ リゾート」

今日ご紹介するのは、タイのリゾート地”サメット島”のラグジュアリー「Lima Bella Resort(リマ ベラ リゾート)」ホテルです。 サメット島へのアクセスは、バスと船を乗り継ぎおよそ4時間で ...

この夏行きたい、バンコクから3時間半、楽園、サメット島

旅行・お出かけ

この夏行きたい、バンコクから3時間半で行ける楽園「サメット島」

夏本番を間近に控え、そろそろ旅行先は決まりましたか? 海外の渡航先の中でも、現在デモやテロでヨーロッパや中近東は危険エリア。 そこで気軽に行ける東南アジアのタイをご紹介したいと思います。 まずは日本か ...

ノスタルジック、温泉街を散策、群馬県、渋川市、伊香保温泉

旅行・お出かけ

ノスタルジックな温泉街を散策!群馬県渋川市の「伊香保温泉」の歩き方

2016/06/03   -旅行・お出かけ
 

今日ご紹介するのは、東京から3時間で来れる温泉地、群馬県渋川市の伊香保です。 伊香保温泉街は多少廃れてしまいましたが、昔ながらの風情が残っていてノスタルジックな雰囲気の中散策が楽しめます。 有名な伊香 ...

東京から日帰り、おすすめ避暑地、群馬、伊香保温泉

旅行・お出かけ

東京から日帰りで行けるおすすめ避暑地!群馬県の伊香保温泉に行ってみた

2016/06/02   -旅行・お出かけ
 

今注目を集めているパワースポット。 実際に現地に赴いてみると、何とも言えない不思議な雰囲気に包まれていることを感じます。 このようなパワースポットを巡る旅は、癒しを求める女性に特に人気があるようです。 ...

燃油サーチャージ無料、欧米路線の増便、2020年進化、羽田空港国際線ターミナル

旅行・お出かけ

燃油サーチャージ0円に、欧米路線の増便!2020年に向けて進化する「羽田空港国際線ターミナル」

羽田空港に国際線の定期便が復活してから5年が経ちます。 羽田空港は昨年、国際線の発着枠を1日40枠追加。 増便 配分された国 ■中国、 英国など10カ国 / 31枠 ■米国 / 9枠 成田空港からグア ...

群馬県桐生市の大自然、歴史的な文化財、モダンな街、散策

旅行・お出かけ

群馬県桐生市の大自然と、歴史的な文化財が多く残るモダンな街を散策!

2015/10/28   -旅行・お出かけ
 

群馬県の桐生市は歴史的建造物と、それを活かしたモダンなショップが融合する魅力的な街です。 東京からは東武浅草駅から新桐生駅まで特急りょうもう号で約1時間40分で来ることができます。 桐生の街を見所は大 ...

私の旅、一冊の本から始まった、沢木耕太郎、深夜特急

旅行・お出かけ

私の旅のきっかけは、沢木耕太郎の「深夜特急」から始まった

2015/10/02   -旅行・お出かけ
 

今日のテーマは「旅」について。 「旅」とは、パッケージツアーの旅行や、友人・家族でいくような旅行とは意味合いが異なります。 今ではバックパッカーという言葉は死語になりつつありますが、私の「旅」の原点は ...

一生に一度は訪れたい、神秘的なビーチ

旅行・お出かけ

大切な人と一生に一度は訪れたい、世界の神秘的なビーチまとめ!

2015/06/28   -旅行・お出かけ

世界にはちょっと変わったビーチがいくつかあります。 またビーチは1人で訪れるのはあまりに空しく、できれば大切な人と新婚旅行などで行くのがお勧めです。 ■世界で一度は訪れたいビーチ 1、グラス・ビーチ ...

成田、バンコク、エアアジアX、欠航になった場合、対応

旅行・お出かけ

成田発バンコク行きの「エアアジアX」が欠航になった時の、意外な対応とは?!

2015/06/20   -旅行・お出かけ
 

格安航空会社(LCC)が日本に参入してからおよそ3年が経ちますが、まだまだ正規のエアラインに比べて不備が目立つ気がします。 今回予約した「エアアジアX」もメンテナンスの不備で往路便が欠航になり、やむな ...

成田空港駅、日暮里、上野、京成スカイライナー、最短、時間短縮、お勧め

旅行・お出かけ

成田空港駅から日暮里・上野に電車で移動「京成スカイライナー」が最短で便利!

2015/06/19   -旅行・お出かけ
 

成田空港に降り立って、目的地に移動するためには、様々な方法があります。 今回は価格も手頃で、上野まで最短でいける「京成電鉄」についてご紹介します。 京成電鉄 京成電鉄からは各主要の駅に停車する「快速特 ...

本格的に乗り入れが開始、5つの低コスト航空会社、成田空港第3ターミナル、全貌

旅行・お出かけ

ついに本格的に乗り入れが開始する、5つの「低コスト航空会社」!成田空港第3ターミナルの全貌

成田空港は正規のエアラインを羽田に移行し、低コスト航空会社(LCC)に力を入れています。 先日バンコクのドンムアン空港から、成田空港発着のLCC「エアアジアX」を利用しましたが、成田に降り立つと早速で ...

機能性高い、エレガント、アエロフロート、オーストリア航空、国を象徴、客室乗務員、制服

旅行・お出かけ

機能性が高く、エレガントな「アエロフロート」と「オーストリア航空」国を象徴する客室乗務員のユニフォーム!

2015/06/16   -旅行・お出かけ
 

2013年に日本航空(JAL)、続いて2014年に全日本空輸(ANA)のユニフォームが変わったばかりです。 世界のエアラインもそれぞれの国を代表するようなファッションデザイナーが、制服をデザインしてい ...

各アライアンスで発行、世界一周航空券、自分の夢を叶える

旅行・お出かけ

各アライアンスで発行している「世界一周航空券」を使って、自分の夢を叶える!!

2015/05/30   -旅行・お出かけ
 

「Round the world ticket (世界一周航空券) 」通称”RTW”。 「世界一周航空券」の魅力はなんといっても、季節や行事に関わらず、一年を通して同じ料金で飛行機が乗れるということで ...

シャングリラから昆明、移動、面白い、乗り物

旅行・お出かけ

「シャングリラ」から「昆明」の移動で見つけた、ちょっと笑える乗り物まとめ!

2015/05/17   -旅行・お出かけ
 

雲南省の旅7日目は、「昆明国際空港」からタイの往路のチケットをとっているため、来た道を一度戻ります。 シャングリラの町には「香格里拉汽車客運站 」というバス停しかないため、ここから昆明の一つ手前の街、 ...

昔、バックパッカーに人気、秘境、寂しい、シャングリラの町、散策

旅行・お出かけ

昔はバックパッカーに人気の秘境も廃れ、どこか寂しさだけが残「シャングリラ」の町を散策してみた!

中国雲南省の香格里拉(シャングリラ)県は街が世界遺産に認定され、以前は外国人にも人気のスポットでした。 しかし、2014年1月11日旧市街「独克宗」で大規模な火災が発生し、300棟近い建物が焼失してし ...

雲南で最古、最大のチベット仏教寺院、ミニポタラ宮、行き方、見所

旅行・お出かけ

雲南で最古、かつ最大のチベット仏教の寺院「ミニポタラ宮(松賛林寺)」の行き方と見所!

今日ご紹介する松賛林寺とは、1674年に建てられた雲南省で最大の独特な仏教寺院で、シャングリラの町から約5キロ離れたところにあります。 紀元1674年に五世のダライラマはこのお寺を「葛丹松賛林」と名づ ...

空が近い、タルチョがはためく、雲南省の理想郷、シャングリラ、バスで移動

旅行・お出かけ

空は間近で、深い谷にはタルチョがはためく !雲南の理想郷とも言われる「シャングリラ」にバスで移動!!

2015/05/13   -旅行・お出かけ
 

雲南省の旅5日目、ついに理想郷と呼ばれる「香格里拉(シャングリラ)」へ、麗江(リージャン)からバスで移動します。 麗江古城(リージャンコジョウ)からシャングリラに向かうバスターミナルは、昆明(クンミン ...

雲南省、世界遺産の街、マッチする、癒しの動物、まとめ

旅行・お出かけ

雲南省にある世界遺産の街に溶け込む、癒しの動物まとめ

中国の山奥では今でも犬食文化が残っているようですが、最近の中国ではそれを廃止し、ペットとして動物を可愛がる若者が増えているように感じました。 犬や猫をゲージで入れて観光地まで旅行にきている漢民族の姿も ...

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.