Chocolate

業スーのポーランド産のチョコ「バカルランド」はっきり言って微妙

更新日:

業スー、ポーランド、チョコ、バカルランド、微妙

今日ご紹介するチョコレートは、ポーランドの「Bakalland」(バカルランド)です。

バカルランドは、1991年にポーランドで設立されたお菓子の製造会社です。

現在では6社がグループ会社になっています。

今回筆者は業務用スーパーでデーツ入りのチョコレートを購入しました。

デーツとは、ヤシ科の高木「ナツメヤシ」の実です。

中近東諸国では、日常的に食べられているフルーツです。

食物繊維やカリウムが豊富で、スーパーフードともいわれスイーツ代わりとしても人気がある果実なのです。

業務用スーパーでは以下の3種類が売られていました。

「デーツ・コーヒー・ココナッツ」「デーツ・ソルテッドピーナツ・ローステッドアーモンド」「デーツ・オレンジ・コーヒー」

業スー、ポーランド、チョコ、バカルランド、微妙

公式ホームページには「プラム・カシス」「チェリー・クランベリー」味も載っていました。

■ブランド :Bakalland(バカルランド)
■商品名 :Square Delight Dates、Orange、Coffee(チョコレート デーツバー オレンジ&コーヒー)
■原産国 :ポーランド
■輸入元 :株式会社神戸物産
■内容量 :65g
■カカオ :不明
■カロリー:269kcal(65gあたり)
■税抜き価格 :96円
■ホームページ : バカルランド

業スー、ポーランド、チョコ、バカルランド、微妙
原材料はデーツペースト、チョコレート、ピーナッツペースト、ピーナッツ、ピーナッツ粉末、インスタントコーヒー、オレンジオイル/香料、乳化剤、(一部に乳成分、落花生、オレンジ、大豆を含む)。

オレンジピールとデーツとナッツがコーヒーチョコレートでコーティングしてあるのですが、パリッと割れるのではなくグニャッと伸びる感じです。

率直な感想から言うと、あまり美味しくないです。
まずデーツは日本人があまり馴染みがないので食べ慣れないと言うか、少し癖があるように感じます。
ドライフルーツ好きの筆者でもこれは苦手な部類。
そしてコーヒーとオレンジとデーツの組み合わせも不似合いです。

見た目

業スー、ポーランド、チョコ、バカルランド、微妙
手のひらサイズのパッケージで、デザインはどこにでもあるような外国っぽいチョコレートです。
プラスティックの袋を開けてみると、チョコの塊がそのままごろっと入っています。
正方形でこれまで見たことないタイプ。
柔らかくグニャグニャしているので、手で簡単に割ることはできません。
コーティングに使われているチョコレートより、中のデーツの実の方が存在感があります。

あとがき

ここ最近ポーランド産のチョコレートが続いていますが、正直どれもあまり美味しくないのが本音です。
日本人には少々甘すぎるのと、使っているカカオの品質や量なども関係していると思いますが、次買うときも身構えてしまいそうです。

関連記事: ポーランド産のリーズナブルで甘いチョコレート「チョコヨコ」

関連記事: アソートで迷う、ポーランドの「テラビータ」ティラミスチョコ

-Chocolate
-

Copyright© visiomire.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.