カフェ

バスキンロビンスやハーゲンダッツに並ぶクオリティ「モーヴェンピック」@エンバシー

更新日:

バスキンロビンス、ハーゲンダッツ、クオリティ、モーヴェンピック、エンバシー

今日ご紹介するカフェは、セントラルエンバシーにある「Movenpick(モーヴェンピック)」です。

BTSプルンチット駅5番出口から直結の、「Central Embassy(セントラルエンバシー)」6階にそれはあります。

6階に今年オープンしたばかりの「Open House(オープンハウス)」は大好評の様子。

白を基調とした店内はほとんど間仕切りがなく、とても開放的な創り。

大き目の窓ガラスから自然光が入り込み、天井には葉の絵柄が散りばめられています。
バスキンロビンス、ハーゲンダッツ、クオリティ、モーヴェンピック、エンバシー

フランス仕込みの美味しいケーキ「パリスミキ」がOPEN HOUSE登場!

その中で静かに本を読んだり、演奏を聴いたり、ディベートしたり、さまざまな居場所が設計されているのが特長です。

バスキンロビンス、ハーゲンダッツ、クオリティ、モーヴェンピック、エンバシー

その中で「Movenpick(モーヴェンピック)」はほぼ中央に位置しています。

バスキンロビンス、ハーゲンダッツ、クオリティ、モーヴェンピック、エンバシー
ファミリーでテーブルを囲んでいたり、親子で本を読んでいたり、皆思い思いにくつろいでいる感じがみて取れます。

「Movenpick(モーヴェンピック)」は1965年にスイスで創業。

ホテルや食品など幅広くビジネス展開しているので、名前を聞いたことがあるという人もいるかもしれませんね。

その中でも「モーヴェンピック」のアイスクリームは、現在30カ国を越える国々で販売されています。

スポンサーリンク

材料にアルプス山脈で育った牛の乳を使用するなど、ナチュラルさにこだわりをもっています。

それにより、リッチなアイスクリームが出来あがるのです。

バスキンロビンス、ハーゲンダッツ、クオリティ、モーヴェンピック、エンバシー

ここではシングル、ダブル、トリプルのコーンまたはカップアイスの他、ワッフルに好きなアイスをトッピングしたデザートメニューもありした。

バスキンロビンス、ハーゲンダッツ、クオリティ、モーヴェンピック、エンバシー

アイスクリームはバニラ、コーヒー、チョコレート、キャラメル、マンゴー、ラズベリー、パッションフルーツなど14種類のフレーバーがあります。

■アフォガート・パンナコッタ(210バーツ)
バスキンロビンス、ハーゲンダッツ、クオリティ、モーヴェンピック、エンバシー
アイスクリームの種類には珍しいパンナコッタをチョイス。
さっぱりでいてとても奥深いアイスクリームに感動。

バスキンロビンス、ハーゲンダッツ、クオリティ、モーヴェンピック、エンバシー

バスキンロビンス(31)やハーゲンダッツに近いちょっと特別なアイスクリームです。

バスキンロビンス、ハーゲンダッツ、クオリティ、モーヴェンピック、エンバシー
エスプレッソもとても美味しく、あっとう間に完食してしまいました。

店舗概要
住所 :Central Embassy 6 floor. 1031 Ploen Chit Road Bangkok
TEL :02-160-5969
営業時間 :10:00〜22:00
定休日 :なし
ホームページ :https://www.facebook.com/movenpickvanillamoon/(フェイスブック)

バスキンロビンス、ハーゲンダッツ、クオリティ、モーヴェンピック、エンバシー
アクセス :BTSプルンチット駅5番出口から直結。セントラルエンバシー6階。

最後に

タイには日本未上陸のアイスクリーム専門店も多く、南国ならではの果物が使われているのもアイスラバーにはたまらないポイント。
とは言え、「モーヴェンピック」のような高級アイスクリーム店だとオーソゾックスなバニラなんかが一番美味しかったりしますよね。
価格はハーゲンダッツなどと同じくらい。
デイリーとはいきませんが、自分へのご褒美やちょっと贅沢をしたいときにおすすめです。

アメリカ発祥のバスキン・ロビンスの「31アイスクリーム」タイと日本のお得なプロモーション!!

-カフェ
-

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.