フード

”バレンタイ”にチーズを使ったスイーツを手作りする人に「チーズケーキが10倍美味しくなる豆知識」

更新日:

バレンタイ、チーズを使ったスイーツを手作り、チーズケーキ、美味しくなる知識

バラエティ豊かなチーズ。

ミルクから作られる独特の風味とコクを持つチーズケーキは、寒い冬にぴったりのスイーツです。

スポンサーリンク

タンパク質、カルシウム、脂肪、ビタミンなど、チーズがもつ豊富な栄養素を損なうことなく摂れるのがチーズケーキです。

バレンタイ、チーズを使ったスイーツを手作り、チーズケーキ、美味しくなる知識

チーズケーキの原料

クリームチーズ

生クリームと牛乳を混ぜ合わせて、乳酸発酵させて作る非熟成タイプのチーズ。
乳酸菌由来の酸味と乳脂肪の豊かなコク、滑らかな舌触りを楽しめる。

マスカルポーネチーズ

イタリア原産のクリームチーズの一種。
生クリームに熱を加えながら、クエン酸などで固めて水分を取り除いていきます。
クリームチーズよりまろやかで、バターのような香りと甘みを感じるチーズです。

バレンタイ、チーズを使ったスイーツを手作り、チーズケーキ、美味しくなる知識

フロマージュ・ブラン

フランス語で白いチーズという意味。
凝乳酵素で固めた牛乳の水分を切って作る、加熱や熟成をしないチーズです。
見た目や味ははヨーグルトのようで、チーズ独特の匂いもりません。

カッテージチーズ

脱脂粉乳を原料とする水分の多い非熟成チーズ。
乳脂肪が少ないため、タンパク質が多くカロリーが低いのが特徴です。

リコッタチーズ

チーズの製造過程で発生する乳清(水分)を煮詰めた、脂肪分の少ないチーズ。
淡白な味わいと、自然な甘みが特徴です。

チェダーチーズ

世界で最も生産量が多い、爽やかな酸味とナッツのようなコクを持ち合わせたハードチーズ。
低脂肪のチーズから、高脂肪のチーズがあります。

カマンベールチーズ

表面が白カビで覆われ固くて、中央はトロトロのチーズ。
熟成が進んだものほどトロリとしていて、白カビ特有の香りが特徴です。

 

ゴルゴンゾーラチーズ

カッテージチーズと青カビを減量にした、世界三大ブルーチーズの一つです。
青カビの少ないクリーミーなドルチェと、塩気や青カビの風味をまとったピカンテの二種類があります。

チーズケーキの主な種類

■ベイクドチーズケーキ

バレンタイ、チーズを使ったスイーツを手作り、チーズケーキ、美味しくなる知識

チーズと玉子、牛乳などを混ぜて焼き上げたケーキのこと。
現在のトレンドとなっているのが、砕いたクラッカーを底に敷いて湯煎焼きにしたニューヨークチーズケーキ。
元はユダヤ料理の一種でニューヨークに移住したユダヤ人がアレンジして広めたとされています。

■レアチーズケーキ

バレンタイ、チーズを使ったスイーツを手作り、チーズケーキ、美味しくなる知識

生クリームを混ぜたチーズに、ゼラチンや寒天を加えて冷やし固めた、さっぱりとしたチーズケーキ。
火を通さないため、チーズ本来の風味とクリーミーな舌触りをストレートに楽しめる。
砕いたクッキーやスポンジ、タルトなどの生地を土台にして作ることが多い。

■スフレチーズケーキ

バレンタイ、チーズを使ったスイーツを手作り、チーズケーキ、美味しくなる知識

日本が発祥とされるスポンジ状のチーズケーキ。
海外ではジャパニーズチーズケーキと呼ばれています。
材料はベイクドチーズケーキとほぼ同じで、卵白を加えて泡立てたチーズを湯煎焼にしてふんわりとした食感に仕上げる。

最後に

今やチーズの原産地のフランスやイタリアからの輸入された様々な種類のチーズが手に入り、チーズケーキの種類もば広くなってきました。
チーズをこよなく愛する人には癖のあるゴルゴンゾーラやゴーダチーズなどが好まれ、スイーツの他にも料理にもよく使われてきています。

-フード
-

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.