Thailand

初めてのバンコクの住まい探し!日本より簡潔なタイの住宅事情

更新日:

バンコク住まい探し、タイの住宅事情

今日はタイ、バンコクの住宅事情についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

タイでも家探しは、日本のように審査や、契約時の敷金・礼金は必要ないので、わりと簡単に契約を交わして入居することができます。

外国人に人界のエリア

■日本人が多く住むエリア
プロンポン、トンロー、エカマイ、スティサン

■欧米人が多く住むエリア
ラチャダムリー、プリンチット、チョンノンシー、スラサック
、サトーン、オンヌット

バンコク住まい探し、タイの住宅事情

タイの住まい探し

1、コンドミニアム

コンドミニアムのレンタルは、日本の分譲マンションと似ています。
1ユニットごとにオーナーが違うので、その部屋のオーナーから直接部屋を借りるケースが多いです。
フィットネス、プール、エントランスの共用スペース、シーロー(コンドミニアム専用のトゥクトゥク)がついている所がほとんどです。

2、アパートメント

アパート全体を法人が管理しています。
クレームを伝えたいときにはアパート管理会社に連絡を取るだけで良いので比較的手順は簡単です。
また、アパートのエントランスやフィットネスクラブなどの共用設備はコンドミニアムよりも劣ります。

3、サービスアパートメント

ホテルとアパートの中間のような物件。
エントランス、セキュリテイ、レストラン、カフェ、スポーツジム、などがまるでホテルのように設置されていて、お部屋の中には家具が備え付けで、メイドサービスがあるので毎日お部屋の掃除がはいり、バスタオルなどを交換してくれます。

4、タウンハウス

日本の長屋のように隣の家と壁がくっついた造りの建物で、タイではよくある家の造りです。
他に比べてセキュリティー面は下がります。

5、一軒家

バンコクは人気都市として賃貸料は以前と比べ、30パーセントも上昇。
内装のリノベーションはほとんど行われずに家賃だけが上がっているのが現状。
またバンコクは光熱費が高いので、一戸建てを借りることで節約できます。

バンコク住まい探し、タイの住宅事情

最後に

最近のバンコクは、東京を越えるビルの多さで数年前にタイを訪れた人はその急成長ぶりに驚きます。
それほどタイは豊かになり、海外からも新たなビジネスを始めようと様々な人が移り住んできています。
最近は上記のエリア以外でも外国人が住めるレベルのコンドミニアム(マンション)が増えています。
ネットにも様々な物件情報が載っていますが、まずはエリアを絞り、実際見学に行くのが簡単で早いと思います。

-Thailand
-

Copyright© VISIOMIRE.com , 2018 AllRights Reserved.