Food

バンコクに来たら一度は食べておきたいレバノン料理「ナディモス」

更新日:

バンコク、一度は食べたい、レバノン料理、ナディモス

今日ご紹介するお店は、シーロムにあるレバニーズ レストラン「Nadimos」(ナディモス)です。

場所はシーロム通りの外れにあるミニモール「Ban Silom」(バーン・シーロム)の中にあります。

最寄駅はBTSチョンノンシー駅か、その次のスラサック駅ですが、歩くと結構距離があるのでタクシーで行くのがおすすめです。

道が空いていればタクシーで5分ほどで着きます。

「Ban Silom」はスターバックスを始め、お洒落カフェ「NOB」、タイ雑貨の「NARAYA」などがはいっているちょっとした集合施設です。

バンコク、一度は食べたい、レバノン料理、ナディモス

飲食店は中心部ではあまり見かけない、トルコ料理やインド料理などが多く、今回選んだのはレバノン料理のお店「Nadimos」(ナディモス)です。

ホームページを見てみたら、スクンビットにも支店がありましたよ。

バンコク、一度は食べたい、レバノン料理、ナディモス
エアコンが効いた店内とテラス席にわかれていて、欧米人は率先して暑いテラス席を選んでいました。

スポンサーリンク

イスラムの伝統とクラシカルがクロスオーバーした雰囲気のお店で、全体的に落ち着きを放っています。

バンコク、一度は食べたい、レバノン料理、ナディモス

とは言っても、土日のお昼時でもお客さんはまばらで、おそらく夕方から賑わってくるのかもしれません。

バンコク、一度は食べたい、レバノン料理、ナディモス

筆者はお酒は飲みませんが、アルコール好きの主人が言うにはレバノン・ワインは世界的にも有名なんだとか。

メニューはこんな感じ。
バンコク、一度は食べたい、レバノン料理、ナディモス
バンコク、一度は食べたい、レバノン料理、ナディモス

イスラム圏の料理なのでもちろんポークはなく、代わりにラム肉料理が多かったです。

バンコク、一度は食べたい、レバノン料理、ナディモス
バンコク、一度は食べたい、レバノン料理、ナディモス

一通り目を通しましたがあまり想像がつかないので、写真が載っている物をいくつか注文してみました。

初めにお通しで出される4種類のピクルスは、塩辛いのと酸っぱすぎるのとで日本人にはちょっと刺激的かも。
バンコク、一度は食べたい、レバノン料理、ナディモス

ヨーグルトとガーリックと、チリのペーストはお好みでディップして食べるのですが、チリのほうは”辛すぎ注意”です。

■BBQ LAMB(270バーツ)
バンコク、一度は食べたい、レバノン料理、ナディモス
ラム肉の塊がゴロゴロと並べられ、下にピタパンが敷いてあります。
シンプルに塩コショウでグリルされた野菜と一緒に食べるととても美味しいです。
お肉は臭みがなく、品質管理もしっかりしてそう。

バンコク、一度は食べたい、レバノン料理、ナディモス
ピタパンで挟むとまた違った味わいが楽します。
噛むたびにお肉の旨味が出て、病みつきになりそうな味をしています。

■DAOOD BACHA(260バーツ)
バンコク、一度は食べたい、レバノン料理、ナディモス
ミートボールがはいったトマト煮込みといったらわかりやすいでしょうか。
このミートボールもラム肉のミンチなのか、お肉の旨味が濃厚でさっぱりとしたトマトと良く合います。

バンコク、一度は食べたい、レバノン料理、ナディモス
ご飯はタイでは(日本でも)なかなか食べられない種類のお米で、タイ米よりさらにパサパサさせた感じで、麺のようなものも一緒に炊いてあるので面白い食感が楽しめます。

料理が口に合わなかった娘の為にアップルジュース、きゅうりと人参のスティックサラダ、お米とレンズ豆のペーストなど次々にスタッフが運んできてくれましたが、「いらない」と完全拒否。

それらは筆者が美味しくいただきました。

金額はミネラルウォーターを入れて計632バーツでした。

店舗概要
住所 :Ban Silom, Silom soi 19, Khwaeng Silom, Khet Bang Rak, Krung Thep Maha Nakhon 10500
TEL :02-266-9081
営業時間 :11:30~23:30
定休日 :なし
フェイスブック :https://www.facebook.com/nadimosthailand/

バンコク、一度は食べたい、レバノン料理、ナディモス
アクセス :BTSチョンノンシー駅より徒歩約20分、シーロム通りの「Ban Silom」内

あとがき

BTSナナの周辺にもエスニックなレストランが集まっていますが、「Ban Silom」の辺りは宝石の卸売り店が多く、石の採掘がで有名なインドや中東の人が多く住んでいます。
またモスクやヒンドゥー系の寺院もあり、このエリアを散策してみるのも異国情緒たっぷりで面白いと思います。
レバノン料理ってどんなもの?と興味をもったら是非一度試してみてください。

-Food
-,

Copyright© VISIOMIRE.com , 2018 AllRights Reserved.