カフェ

バンコクは空前のカフェブーム!シーロムソイ19「NOB cafe’」

更新日:

バンコク、カフェブーム、シーロムソイ19、ニューオープン、ノブカフェ

今日ご紹介するカフェは、シーロム通りにある「NOB cafe’(ノブカフェ)」です。

シーロムソイ19なので、チョンノンシーと言った方がいいかもしれません。

BTSチョンノンシからヒンドゥー寺院「ワット マハー ウマー テーウィー」に向かってひたすらシーロム通りを西に進みます。

道は真っ直ぐですが歩くと15分ほどかかります。

ヒンドゥー寺院を通り越すと左手にファッション雑貨の「Naraya(ナラヤ)」や「Starbacks(スターバックス)」がはいっている「The Heritage Baan Silom(ザ・ヘリテージ バーンシーロム)」というちょっとした集合施設が見えてきます。

バンコク、カフェブーム、シーロムソイ19、ニューオープン、ノブカフェ
(スタバのテラス席から撮ったお店の外観。)

その敷地内に「NOB cafe’(ノブカフェ)」はあります。

他にもアラビック料理やインド料理レストランが軒を並べ、中央には小さな広場が広がっていてシーロム通りの喧騒を一瞬忘れさせてくれます。

春ころ訪れた時には「NOB cafe’(ノブカフェ)」はなかったので、newオープンしたお店のようです。

バンコク、カフェブーム、シーロムソイ19、ニューオープン、ノブカフェ

外観はまるでフランスのサロンを切り取ったような雰囲気で、その見た目から欧米人のお客さんが多かったです。

スポンサーリンク

<”Lifestyle Cafe”とも書かれていて、カフェ運営の他に雑貨販売も行っています。/h2>

バンコク、カフェブーム、シーロムソイ19、ニューオープン、ノブカフェ

それも女子ウケしそうなネイチャー風の可愛らしい雑貨ばかりがセンス良くディスプレされています。

バンコク、カフェブーム、シーロムソイ19、ニューオープン、ノブカフェ

ハンドメイド風の帽子、リュック、トートバック、リネン、ステーショナリーなど、どれも温かみのあるものばかりです。

バンコク、カフェブーム、シーロムソイ19、ニューオープン、ノブカフェ

小瓶にはいったアロマとディフューザーも気になります。
価格は日本とかわらないくらいの値段がついていました。

バンコク、カフェブーム、シーロムソイ19、ニューオープン、ノブカフェ

さて、ドリンクの注文は各自カウンターで済ませます。

ドリンクメニューは上のボードに書かれています。

コーヒーの他、スムージーメニューもあります。

バンコク、カフェブーム、シーロムソイ19、ニューオープン、ノブカフェ

キャッシャー脇のショーケースにはブラウニー、マフィン、ケーキ、チーズトースト、クロワッサンなどが並んでいてどれも美味しそうでした。(価格は80バーツ〜)

■アイスカフェラテ(105バーツ)
バンコク、カフェブーム、シーロムソイ19、ニューオープン、ノブカフェ
カプチーノを注文したつもりが、ラテがでてきたので仕方なくアイスラテを飲むことに。
エスプレッソとミルクのグラデーションはいかにもインスタ映えしそうです。
シロップや砂糖もセルフなので、自分で甘さを調節できるのもいいですね。
後味さっぱりで汗をかいた時にはごくごく飲めそうです。

店舗概要
住所 :Silom 19 Baan SilomLifestyleArcade Bangkok,Thailand
TEL :088-607-6772
営業時間 :平日6:30-20:00 土日祝10:00-18:00
定休日 :なし
ホームページ :https://ja-jp.facebook.com/knobcafe/

アクセス :BTSチョンノンシー、BTSスラサック駅それぞれ徒歩約15分。シーロムソイ19の「Bann Sliom」正面奥。

最後に

バンコクは日本以上におしゃれなカフェがたくさんあって、まさにカフェ天国。
インスタ映えしそうな凝ったお店も多く、一件一件巡るのもなかなか面白いです。
会社を辞めて家族や友達とカフェを始める人も多いのだとか。
今回ご紹介した「ノブカフェ」はアクセスはあまりよくないものの、カフェのクオリティは高く落ち着く雰囲気がとても気に入りました。
「バンコクファッションアウトレット」が隣にあるので、休憩に立ち寄ってもいいかもしれませんね。

-カフェ
-,

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.