Lifestyle

オーストリアでは「カフェで過ごすこと」が世界文化遺産だった!

更新日:

オーストリア、ウィーン、カフェで過ごす、世界文化遺産
今日は音楽と歴史の国、オーストリアの食文化についてご紹介したいと思います。

オーストリア
首都/ウィーン
人口/176万3912人
都市単独で一つの連邦州であり、ヨーロッパ有数の世界都市である。

■今人気のレストラン

トゥルツェスニェフスキー

スモールサイズのオープンサンドと、スモールサイズのビールを小腹が空いた時に軽くつまめる場所。
オーストリアではこれがファストフードになる。

ブレッテュン1個/約160円 22種類
人気のメニュー/タマゴ、ツナ、ニシン

シュロス・コンコルディア

シュニッツェル オーストリア定番グルメで豚肉を薄く叩いたトンカツのようなもの。
今は色々な物を豚肉で巻く新感覚のシュニッツェルが人気。

チーズとソーセージ 約1800円
チーズとほうれん草 約1800円
ラザニア 約1950円

オーストリア、ウィーン、カフェで過ごす、世界文化遺産

スポンサーリンク

またオーストリアでは、カフェで時間を過ごすことが「世界文化遺産」に認定されており、歴史的建物そのものがカフェだったり、生活の中にカフェ文化が馴染んでいます。

■ウィーンの代表的カフェハウス

カフェ・ゲルトナー(Gerstner)

1847年創業。旧皇室御用達でケルントナー通りにある。
ウィーン国立歌劇場内や楽友協会ホール内にも出店している(コンサートの休憩時間に利用できる)。
KHM(美術史博物館)内にも支店がある。

カフェ・ラントマン

ウィーンで最もエレガントなカフェと呼ばれた老舗。
1873年創業。東京の青山に支店がある。

ホテル・ザッハー

国立歌劇場の裏にある、ザッハトルテの元祖のお店。

カフェ・デメル

ザッハトルテで有名。
旧皇室御用達。

カフェ・ハイナー(Heiner)

旧皇室御用達のカフェ。

カフェ・セントラル(Central)

ペーター・アルテンベルク、アルフレート・ポルガー、エゴン・フリーデルなど多くの「カフェ文士」が愛用。
ポルガーに『カフェ・ツェントラールの理論』なる文章がある。

グリーエンシュタイデル(Griensteidl)

フーゴ・フォン・ホーフマンスタールなど多くの世紀末ウィーンの文人・芸術家が愛用している。

シュヴァルツェンベルグ(Schwarzenberg )

ウィーン楽友協会やホテルインペリアルに近い。
リング沿いにある由緒あるカフェ。

ショッテンリング(Schottenring )

リング通り沿いで最も歴史のあるカフェ

アルトウィーン(Alt Wien)

内装など、文字通り古さを感じさせる店。

オーバールラ(Oberlaa)

歴史は古くないが、ウィーン市内に多くの支店をもつ人気のカフェハウス。

ハヴェルカ(Hawelka)

旧市街の中心部にあり、開店以来内装を変更していないことでも有名。

カフェ・ムーゼウム(Museum)

アドルフ・ロースによる開店当時の内装のままに復元されたカフェ。
グスタフ・クリムトはじめ世紀末ウィーンの建築家や画家が多く出入りしていた。

チロラーホーフ(Tirolerhof)

自家製のアプフェルシュトゥルーデルが人気。

カフェ・モーツァルト(Mozart)

歌劇場裏。
現在ブルグガルテンにあるモーツァルト像はかつてこのカフェの目の前にあった。

ブロイナーホーフ(Bräunerhof)

ヴィトゲンシュタインが常連だったという。

(wikipediaより)

オーストリア、ウィーン、カフェで過ごす、世界文化遺産

最後に

オーストリアで連想するものといえば、やはり音楽や芸術といった歴史的なものばかり。
オーストリはそれを今の時代へと大切に受け継いでいます。
オーストリアに訪れた時は、数あるカフェハウスを歴史と共に巡ってみてはいかがでしょうか。

-Lifestyle
-

Copyright© VISIOMIRE.com , 2018 AllRights Reserved.