コラム

12年の歳月をかけて収録した映画「6才のボクが、大人になるまで。」

投稿日:

12年の歳月、収録、映画、6才のボクが大人になるまで。

今日ご紹介する映画は、昨年上映された「6才のボクが、大人になるまで。」です。

スポンサーリンク

「6才のボクが、大人になるまで。」は一人の青年を6歳から撮影し、12年の年月をかけた青春ドラマです。

現代:BOYHOOD
タイトル:6才のボクが、大人になるまで。
製作年:2014年
上映時間:165分
製作国:アメリカ
監督:リチャード・リンクレイター
脚本家:リチャード・リンクレイター
ジャンル:青春、ドラマ

「ビフォア」シリーズなどのリチャード・リンクレイター監督がメガホンをとった、6歳の少年とその家族の12年にわたる人間ドラマです。

主人公を演じたエラー・コルトレーンと、主要人物4人を同じ俳優が12年間演じ、実際に歴史を追いながら撮った作品は、なかなか珍しい作品です。

12年の歳月、収録、映画、6才のボクが大人になるまで。

主人公の母をパトリシア・アークエット、母と離婚しアラスカに行ってしまった父をイーサン・ホークが演じ、二人とも演技派で素晴らしいです。

あらすじ

主人公のメイソン(エラー・コルトレーン)は、母オリヴィア(パトリシア・アークエット)と姉サマンサ(ローレライ・リンクレイター)とテキサス州の小さな町で生活しています。

しかし彼が6歳のとき、母は子供たちの反対を押し切って祖母が住むヒューストンへの引っ越しを決めてしまうところから始まります。

12年の歳月、収録、映画、6才のボクが大人になるまで。

実の父(イーサン・ホーク)は離婚してアラスカに行ってしまいましたが、引っ越しを機に1年半ぶりに再開し、その後も二人の子供が大人になるまで度々登場します。

イーサン・ホークの他に二人の男性と再婚・同棲を始めますがどちらもうまくいかず、お酒や暴力夫から逃げるシーンは見応えがあります。

12年の歳月、収録、映画、6才のボクが大人になるまで。

最後に

キャストやストーリー性は良かったのですが、ただ一人の少年が大人になるまでの人生をただダラダラながしているだけで、はっきりいって面白みはありません。
青春ドラマといってもアメリカの一般的なティーンエイジャーのような無茶振りもなく、最後まで静かに終わります。
個人的な感想ですが、上映時間を短縮して内容の濃い人生感を表現したほうがよかったのではと思います。

-コラム
-

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.