コラム

1週間「不平」を言わないメゾット

投稿日:

1週間、不平、言わない、メゾット

子育てをしているとどうしても募る不満やイライラ。

「どうして〜してくれないの?」「どうしてわかってくれないの?」とつい叫たくなってしまいますよね。

もちろん子どもに悪気があるわけでのないし、パートナーも一生懸命努力して協力してくれています。

結局はこの言葉自分に対しての不満なんですよね。

今の自分に余裕がないから。

意外に行っている人が多い、このメゾット

1週間、不平、言わない、メゾット
今、世界で密かに注目されているのが、「No Complaining」。

ようは、「愚痴を言わない取り組み」。

「Stop Complaining(愚痴をやめる)」や「Keep Calm and No Complaining(愚痴をやめて穏やかさを保つ)」といった目標を掲げ、ある一定の日数で取り組みます。

「毎日暑くて嫌になる」といった些細なことから「子どものしつけが大変」といった身近なことまで、とにかく言葉にする前に自分でぐっとこらえて愚痴になるのをせき止めることから始めます。

このメソッドにより「プラス思考に変わった」「価値観や考え方が変わった」などと気持ちの変化が現れる人が続出。

■これまでの私の考え
・毎日暑すぎる
・空気が悪い
・街がゴミくさい
・ゴキブリが多い
・子どもの遊ぶ場所が少ない
・渋滞がひどい
・タイ人はいい加減すぎる

まずは一週間からスタート

1週間、不平、言わない、メゾット
まずはこれを7日間から実践してみること。

そして7日間ができたら、21日間、30日間と期間を伸ばしていきます。

注意点は家族や友人など周りの人に「〜日間愚痴を言わない」と宣言し、気づいたときには指摘してもらうようにしてみましょう。

実際やってみると愚痴が減り自然と言動が前向きになっていることに気がつくはずです。

スポンサーリンク

これは「マイナス思考」から「プラス思考」への思考の変換です。

毎日自分が愚痴や不満ばかりを口にしていたことに気がつき、それによって周りの人を嫌な気持ちにさせてたと思い起こすのです。

プラスのスパイラル

1週間、不平、言わない、メゾット
自分が他人に優しくできると、周囲からも優しくされ、以前より人間関係が改善されたという声も。

仕事面ではON・OFFの切り替えができない人は、楽しいときも嫌なことを想像するマイナス思考になりがちです。

仕事をするときはする、休むならとことん休むとメリハリをつけることで、思考の切り替え上手になります。

■今の私の考え
・今のこの生活を楽しむ
・子育ては力を抜いてほどほどに
・タイにしかないグルメを楽しむ
・航空券が安いので旅行を楽しむ
・タイでたくさん友達をつくる

1週間、不平、言わない、メゾット
思考がマイナスだと自分の運気さえもマイナスになってしまいます。

マイナス思考がマイナスの運命を作るのだとすれば、プラス思考もまたプラスの運命を作ってくれます。

どうせなら、プラスの未来が待っている方が幸せですよね。

最後に

タイに来て3年半。
はじめは慣れない海外生活に戸惑い、気分の浮き沈みが激しかったあの頃が懐かしいです。
今もはっきり言ってタイは好きではありませんが、娘の誕生により多少気分が紛れている部分もあります。
子どもというのは面白いようで母親の感情を読み取ります。
私に余裕がないと泣きじゃくり、私がニコニコしているとご機嫌なのです。
それは赤ちゃんに限らず、大人も一緒。
そんな愚痴ばかり聞かされていたのでは、相手にもその負のスパイラルは伝染してしまいます。
自分が幸せになるか、ならないかは自分のモチベーション次第なのです。

-コラム
-,

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.